本文へスキップ

RFTの実践のための心理カウンセラー&心理セラピスト向けの養成コースです。

   優しく自分と語り合うRFT

いたわりの心理セラピーRFT

「RFT心理セラピスト」について

「RFT心理セラピスト」

本コースの『RFT心理セラピスト』は、「RFT心理カウンセリング」と並行して学んで頂きながら、覚えて頂きます。

『RFT心理セラピスト』は、心理カウンセラーの皆様が、クライアント様に関わるご自身を、心の仕組みのご理解を深めて頂くために、まずご自身で体験して頂き、その体験を、クライアント様に活かして頂く、共歩の観点で、クライアント様の日常を、大切に尊重して、ありのままに受け入れて頂くことを目指します。

『RFT心理セラピスト』は、クライアント様の今後を、以下のように、ご提案して頂けます。
日々の安心感
日常の安定感
人間関係の克服力
他者との関係性の解消
いたわり合う気持ちの充足感
など。

同時に、『RFT心理セラピスト』の軸として、クライアント様に向かい合うための、在り方をお伝え致します。


まずは、ご自身の新たな第一歩を、「RFT心理カウンセラー」・『RFT心理セラピスト』として、始めてみませんか?



「RFT心理セラピスト」として

CEO

私たち『心理セラピスト』は、クライアント様に向かい合う時、どのように、その方の将来を描いていけば良いのでしょうか?

クライアント様はそれぞれ、性格やとらえ方、ご自分が大切に守っているものが有ります。

それらを、大切に守りながら、関わっていくことは、心理セラピストとしての本位で有り、誇りでも有ると思います。


心理セラピー「RFT」は、以下の様なお悩みのクライアント様に、解消の可能性が有ります。
日常的なストレスの緩和
人間関係の柔軟性
他者との関係性
倦怠感・憂鬱・無気力感などの緩和
ウツ病・パニック障害・恐怖症などの改善
依存症・摂食障害・嫌悪感を伴う他者の関係性などの改善

など。

『RFT心理セラピスト』であるご自身の体験を、ご相談業務に繋げて頂く、共歩の観点で、
心理セラピー「RFT」の練習を繰り返して頂きます。


『RFT心理セラピスト』として、ご自身の大切な毎日を、クライアント様とご自身のための充実した日々にして頂けますよう、心を込めて応援をさせて頂きます。




「RFT心理セラピスト」になりたい方へ

CEO

『RFT心理セラピスト』は、「RFT心理カウンセリング」と一緒に学んで頂きます。

『RFT心理セラピスト』を目指される方には、心理セラピー「RFT」を、クライアント様に向かい合う前提として、練習を繰り返して頂きます。


『RFT心理セラピスト』を受講して頂くための資格や経験などは、何も問いません。


「RFT心理カウンセラー」・『RFT心理セラピスト』をやってみたい、誰かのために・自分自身のために学びたい、誰かに・自分自身に安定した心境・心持ちで過ごし(てもらい)たい、など、ご自身の熱意が有れば、どなたでもご参加を頂けます。


『実践のためのRFT心理カウンセラー養成コース』へのお申込みを心よりお待ち申し上げております。




「RFT心理カウンセラー」・『心理セラピスト』の受講後について

RFTジャパン事務局では、受講された皆様へ「修了証」をお渡ししています。
国家資格や認定された資格ではございませんが、クライアント様に向き合う際に、実践的に心理セラピー「RFT」を身に着けて頂ければ、自信を持ってご相談業務が出来ると思います。



本コースを修了された方で、練習を続けたい方は、有料の練習会をご希望に応じて開催させて頂きます。
練習会の内容は、『本コース卒業後の練習会について』をご参照下さい。



また修了後、次なる段階へお進み頂くための、『RFT基礎(自己の癒し)コース』『エネルギーワークRFT』インストラクター養成コースも設置しております。ご希望の方は、修了後にお申し出下さい。詳細をご説明致します。


本コースは、「RFT心理カウンセラー」・『RFT心理セラピスト』の皆様と、修了後も共歩の仲間としてご活躍を応援致します。



バナースペース

心理カウンセラーコースのご案内

RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)を、クライアント様へのご相談業務にご利用頂くための、実践的な「心理カウンセラー&心理セラピスト」のための養成コースのご案内です。